スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マビノギ・ブログ←ブログランキング参加中です♪
読んでいただけたら押してくれると励みになります!!(*´ω`*)
--/--/-- --:-- (--)|スポンサー広告

【マビノギ】G11やるその前にG9・G10おさらい

自分自身のおさらい。
G10部分は⇒の動画みればなんとなくどのシーンかわかるかもね!
あ、やべぇイリジャボイトアルネン関係全部抜けてら。
全部推測と記憶力で書いたんで間違いいっぱい。

※例のごとくネタバレ注意
マビノギ・ブログ←ブログランキング参加中です♪
読んでいただけたら押してくれると励みになります!!(*´ω`*)

G9
広大なイリア大陸から舞台は戻ってウルラ大陸。
いきなりゴールドドラゴン・アドゥニエルから影世界に降り立ちソウルストリームを守れと警告がくる。

錬金術師の町タルティーンの近くに影世界への入り口が突如出現。
影世界は文字通り現実世界の影でどんどん広がっており、影世界で起きたことの影響は現実世界へも影響があるため、力を見込まれた主人公はかつてモイトゥラ戦争で功績を挙げたファロンに召集されることになる。
ファロン直属の部下アンドラスの指示に従い影世界に赴いてるファロン部隊の支援、エルフ、人間、ジャイアントの遠征隊、幾度となく現れるイリアにあるはずの運命の石クルクレの心臓、影世界の調査に向かい失踪したという2人の王室錬金術師ケイとレイモア、レイモアを想う聖堂騎士団のジェナ。そして影世界を彷徨うシャドウウォーカー・エラサと関わることになる。
影世界でポウォールたちはかつて王ヌアザが持っていた宝剣クラウソラスをつかい、禍々しいバケモノを練成しエリンを破壊しようとしていることが発覚。さらにはその計画にファロン、そしてケイが手を貸していた。
ケイは死んだ恋人を生き返らせるためにと協力していたが考えを改め裏切り、主人公に手を貸しクラウソラス練成をとめるが、未完成のままクラウソラスはファロンまでも飲み込み暴れだす。
アドゥニエルの助けを借りてなんとか倒すもの最後に大爆発を起こそうとしたクラウソラスをとめるために、レイモアは体を張ってとめに入るが瀕死に。
ケイは自らの命と引き換えにレイモアを生き返らせ、消滅することになる。

G10
影世界はさらに拡大して首都タラまでにも達していた。
かつてクラウソラスの練成の危機を止めた影世界の英雄としてまたもや召集される主人公。
そこで聞いたのは消滅したとおもわれたケイがまるで別人のように破壊を繰り返す化け物となっている噂だった。
アンドラスにシャドウウォーカーエラサに聞いてみてはどうかと助言される。
アンドラスは小さい頃エラサに助けられ、そして影世界で再会したときからエラサの持つ光にも闇にも所属しない、仲間に剣を向けた苦しみを、罪を、闇を消せないかと心配していて、ささやかながらオルゴールをプレゼントするとても親しい間柄だったようだ。
影世界に詳しいエラサによると、ケイは錬金術の元となる、光属性のクルクレの心臓とは対象の闇属性「カリバーン」を所持していて、それをレイモアを生き返らせる時に使ったがために代償として魂がカリバーンに侵食され、暴れていた。エラサは今のケイはカリバーンの意志そのものだという。
光の女神ネヴァンはカリバーンの女神でもあり、ネヴァンを強く信仰するタラの住民にネヴァンの手がかりを集めてみてはと助言される。
手がかりを集め、ネヴァンのメモリアルが完成。
そこに記されていたのは、イリニドの言葉、そしてティルナノイの終末の予言、そしてペンカスト枢機卿からもらったティルナノイ終末の書に書かれていたのは、ネヴァンの帰還が終末に繋がるという話だった。
イリニド、クルクレの心臓が関係があるとふんで舞台はイリアへ。
情報を集めると、雨を精製する錬金術発掘を通じてロンガ遺跡にたどり着く。
ロンガ遺跡では謎の迷子のエルフに出会い同行、最下層にはポウォールの王キホールと、カリバーンに完全に侵食され他人の姿を映すドッペルゲンガーと化してキホールの言いなりになるケイ。
そしてキホールはかつてネヴァンはイリアの墓の三日月を退け、エルフとジャイアントに力を、そしてイリア大陸にはクルクレの心臓をもたらし、そして心臓とともに呪いを与え消えていったイリニドそのものだという。
一度そこでケイの猛攻を退けたものの気を失う主人公はウォヴォカに助けられてロンガを後にする。
再びタラに戻った主人公はポウォールの将軍マタと出会い決闘を挑まれる。
そしてマタは「ネヴァンはポウォールに味方している」と言い残す。
その後、突如クルクレの心臓がタラの影世界に現れて、それをポウォールの手に渡らないために全種族の部隊は防衛に乗り出し、主人公も援護に向かうことに。
すべての敵を倒し終えた後、クルクレの心臓にかつて迷子となって同行していた謎のエルフが接近し光を放つ。
ネヴァンが扮していたのだった。
ネヴァンはクルクレの心臓を回収し去っていく、唖然としている3種族の前に、大量の魔族を引きつれたキホールが襲来。
危機に瀕したときに自分自身が何者なのか答えを掴んだエラサが光の力で退け、キホールはエラサ自身と引き換えにアンドラス達の命を見逃してやろうと要求。
エラサはそれを飲みキホールは連れて撤退していった。

クルクレの心臓、カリバーンを手に入れたネヴァン、キホールはそれらを一体化させてた後、世界を破壊しようと企てる。
そしてキホールはさらに、ネヴァンの目の前にエラサを呼び出しケイに吸収させ、ミレシアンの魂の拠り所でもあるソウルストリーム破壊へ向かわせる。
しかしエラサはネヴァンの息子で光の騎士ルーであったダークナイト・モルガントへ託しインキュバスにかくまわせていたのだった。
エラサの消滅を目の当たりにしキホールに憤怒するネヴァン、そしてキホールとの衝突がはじまるかというときにネヴァンの姉、女神モリアンが止める。
その隙に主人公はモリアンにソウルストリーム破壊の阻止を、レイモアにケイを頼むと少しの錬金術結晶と、そして吸収される前にエラサに渡されたアンドラスのオルゴールを託されてソウルストリームに降り立つ。

ソウルストリームで破壊行動を始めるクルクレの心臓、カリバーン、エラサ、ケイの融合体は主人公自身に姿を変え、エラサの持っていたネヴァンから受け継いだ神の力を行使して襲ってくる。

エラサの意識が残っているのか、ドッペルゲンガーの気が緩んだときにオルゴールを使うと苦しみ、隙を作ることに成功。そこに相手の力を吸い取るライフドレインを使うことで半神化の力を得、ドッペルゲンガーを倒すことに成功する。
ケイは元に戻りソウルストリームの破壊はまぬがれることとなった。

以下G11

あ、もうほんと仕事中に詳しいことも調べられないまま書いたんですみません・・・orz
参考程度になれば、くらい。
いろいろマビのメインストリーム自体矛盾が発生したりするんで予告なく書き直す場合がございます。
ご了承ください。
スポンサーサイト
2009/10/29 16:56 (木)|G9G10のあらすじおさらいコメント(0)トラックバック(0)
Comments
Name:
URL:
Comment:
Pass:
プロフィール

アリティ

Author:アリティ
**マビノギ**
活動 マリー8ch
ギルド Shashii
近接・魔法・錬金術・弓それなりにできるくらいのサマル。
王政錬金術師。
人はエリンの暴走列車と呼ぶ
マビノギの世界とメインストリームが大好きです。
C3MADできました。
【ニコニコ動画】【マビノギ】Chapter3MAD

Twitter
マビリング
バナー
サイト一覧ランダム
前5件次5件
ブログランキング参加中です(*´ω`*)
気に入っていただいたらぽちっと押していただければ幸い!
マビノギ・ブログ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
別ゲームキャラ
**マビノギ英雄伝**

フィオナ アリティ
イヴィ  タチア
ギルド<ミレシアンズ>
フィオナちゃん大好きです!
**ファンタジーアースゼロ**

Jカセ セロム 他 6キャラ

Kネツ ARITY 他 3キャラ
ブログリンク
リンク
マビノギBGM
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。